地域(阿蘇方面)

一心行の大桜

樹齢400年以上もある1本のヤマザクラは、昭和初期に落雷を受けて幹が裂け、平成の台風で枝が折れてしまい今のかたちになってます。ここの桜は、1999年にテレビ朝日「ニュースステーション」の夜桜中継が話題になりそれから毎年多くの観光客がここに訪れてます。

南阿蘇一心行くの桜 (1)

樹高14m・幹周囲7.35m・枝張は東西に21.3m・南北に26m。南阿蘇村の一心行公園内にあり、この地を治めた武将  中村(峯) 伯耆守惟冬(ほうきのかみこれふゆ)の菩提樹にもなってます。

一心行の大桜1

 

桜を背景に菜の花の前で写真撮影するのがオススメ!一心行の大桜3

 

スマホ用カメラアプリ「B612」で撮った写真。コントラストが鮮やかw

一心行の大桜5

桜の周囲は整備されてるのでどの角度からでも写真撮影可能。

 

桜も綺麗ですが、ここでゆっくり雄大な阿蘇の景色を楽しむのも良いものです☆

一心行の大桜2

 

毎年 桜の開花に合わせて”桜まつり”が開催され、その期間中は周辺道路の臨時交通規制が敷かれますので現地誘導員と道路標識に従いましょう。また満開時期はかなりの交通大渋滞が発生しますので朝いちで訪問した方がよいです。

一心行の桜 渋滞

 

※シーズン中は駐車料金が徴収されます。

 

 

 

最終更新日:2018年4月1日