地域(熊本市)

夏目漱石内坪井旧居

夏目漱石は4年3か月の熊本滞在期間中6回転居し、ここ5番目の家では最も長い1年8ヶ月を暮らし、漱石が暮らした家が当時の場所に残って記念館となっているのは全国でもこの旧居だけ。

昭和53年4月26日熊本市指定史跡になってます。

夏目漱石内坪井旧居

 

旧居内には記念スタンプもありますので、忘れずポチっとしましょう!

夏目漱石内坪井旧居 記念スタンプ

 

漱石直筆の原稿やレプリカ原稿、五高時代の写真など、貴重な資料が展示されてます。

奥に見えるのはカラクリ人形。机の前にある紐を引いてみましょう。

夏目漱石内坪井旧居3

 

ここの書斎は、アニメ「風立ちぬ」に登場する黒川家(二郎の上司)のモデルになったそうですが。。

夏目漱石内坪井旧居4

玉名市小天にある前田家別邸の離れこそが黒川家のモデルであるともいわれてます。。実際、そこには宮崎駿監督自ら足を運び、その後にアニメ風立ちぬが発表されます。夏目漱石内坪井旧居5

風立ちぬの本に記載があったのをそのままここでは紹介されたそうですが・・・前田家別邸と近くにある草枕交流館に行くと謎解きが出来ます。

 

庭に面した縁側の奥に見えるのは洋間。大正4年に当時の所有者が増築したもので、漱石が住んでいた時はありませんでした。

夏目漱石内坪井旧居6

 

洋間にも漱石にまつわる資料が展示されてます。

夏目漱石内坪井旧居7

 

 

庭園には長女「筆子」が生まれた時に産湯として使われた井戸や、寺田寅彦ゆかりの馬丁小屋(ばていごや)があります。(写真: 庭園からみた旧居)

夏目漱石内坪井旧居9

 

 

漱石夫人は、この5番目の旧居が「熊本にいた間、私どもが住んだ家の中で一番いい家だった」と語ったそうです。

 

時間がある方は「熊本における夏目漱石エピソード年表」を読んでもいいですね。

受付けに伝えればもらえます。また無料案内も対応してもらえますので、じっくり話を聞きながら見学するとより一層理解が深まるかと思います。

 

夏目漱石内坪井旧居8

 

熊本地震の影響により館内は入れません。2019年春 までに完全修復予定です。

 

 

夏目漱石内坪井旧居

熊本市中央区内坪井町4-22

TEL:096-325-9127

営:9:30~16:30

休:月曜日

料金:高校生以上200円、小・中学生100円(熊本市内の小中学生:65歳以上は無料)
駐車場:有り(無料) 左の建屋は熊本中央高校です。

夏目漱石内坪井旧居 駐車場1

 

 

 

更新日:2016年11月28日